ほくろの切除

下着の女性

肌の悩みというのは人それぞれで、そばかすを気にする人もいれば目元の小さなシワが気になるという人もいます。また、なかには顔に大きなほくろがあってどうにかしたいと悩む人もいるでしょう。肌にほくろができないという人はほとんどいませんが、大きなほくろが顔にあるとなるとどうしても気になってしまいます。美容外科や皮膚科ではそんなほくろを除去するためにレーザーを用いて治療をしています。よく使われるのが炭酸レーザーやQスイッチルビーレーザーでしょう。炭酸ガスレーザーは細胞の水分を奪って取り去ることができ、Qスイッチルビーレーザーはメラニン色素だけに反応してほくろを破壊することができます。このようなレーザー治療はとても手軽で術後の痛みもほとんどないので人気があるのです。しかし、美容外科や皮膚科ではこれ以外にもほくろを除去するための方法を用意しているのです。メスを使って肌からほくろを取り去るのが切除縫合法というものです。6ミリを超えるような大きなほくろを除去するときに用いられることが多く、肌の奥まで根があるようなほくろでも完全に切除することができます。美容外科や皮膚科によってはレーザーを使ったときよりも綺麗に治療をすることができるので、この方法を考えている場合はしっかりと施術先を選ぶことが大切です。メスを入れにくい鼻や口周りにあるほくろを除去する場合はくり抜き法を行なうという美容外科もあります。筒状の機械を使ってほくろよりも少し大きめに肌をくり抜いて除去を行なうというものです。この方法でほくろを除去すると、その傷跡はニキビ跡のように軽いもので済みますし時間がたてば綺麗になおるでしょう。これらの他にも、電気メスを使った方法でほくろを取るという場合もあります。美容外科で電気メスを使った場合は一回の施術で綺麗に取り去ることができるのです。