シミを薄くする

微笑む女性

肌のシミは歳を重ねると出てくるようになるもので、その原因は紫外線を浴びたことによるものだといわれています。紫外線を浴びると肌の中ではメラノサイトによってメラニン色素が作られます。それが、肌の表面であれば日焼けやほくろになってすぐに現れるのですが、肌の奥でメラニン色素が作られてしまった場合は後々になってから表面に出てくるのです。そうやって表に現れたメラニン色素のダメージがシミと呼ばれるものになるのです。こういった肌のシミは美容外科や皮膚科、クリニックで治療をすることで綺麗に消すことができます。顔の肌にできてしまった大きなシミが気になるという人やシミの一種であるそばかすを消したいと思っている人は美容外科でレーザー治療を受けるといいでしょう。美容外科やクリニック、皮膚科でシミの治療をするときに使われる代表的なレーザーがQスイッチルビーレーザーです。これはニキビの治療やほくろの除去にも効果的なもので、メラニン色素を破壊して跡を残すことなく綺麗に治療ができるというものです。また、シミの倍にはYAGレーザーを使うというところもあるでしょう。これもメラニン色素を持っている細胞にだけ反応するというもので、シミのない細胞を通り抜けて表皮の奥にある真皮の部分まで治療をすることができます。一部のクリニックや美容外科ではメラニン色素を治すというレーザーだけでなく、ピーリングが行えるというレーザーを導入しているところもあります。このピーリング用のレーザーはレーザーの熱を利用することで肌の表面にある古い角質を除去してくれます。古い角質が落とされることで、新しい綺麗な肌が作られやすくなり肌が生まれ変わったようになるでしょう。また、レーザーではなく薬剤を用いたケミカルピーリングを行なっているという皮膚科や美容外科もあります。このように綺麗で新しい肌へと生まれ変わらせることで、シミをどんどん薄くしていづれシミのない肌に変わることができるでしょう。また、皮膚科や美容外科の場合はシミに有効な外用薬や内用薬を処方してくれるというところもあるでしょう。外用薬であれば漂白の作用があるハイドロキノンが含まれているものが効果的です。内用薬の場合は肌の生まれ変わりを促すビタミンCやメラニンの生成を抑えるトランサミンが有効です。